NEWS&TOPICS
ニュース

令和6年能登半島地震により被災されたへのお見舞い

このたび石川県能登地方を中心に発生しました

大地震により被災された方々に

謹んでお悔やみ申し上げます。

大地震に加えて寒波も来ている為、

避難生活を余儀なくされている方々は

非常に不安な思いをされていることと存じます。

今回は避難所で生活をする際に

役に立つライフハックを

いくつかご紹介させて頂きたいと思います。

避難生活を送られている方は勿論、

そうでない方々も

今後の為に役立てて頂ければ幸いです。

 

①足先を冷やさない

冬場に足先が冷えて

困った経験をした方も多いのではないでしょうか。

そんな時は靴下の上から足にアルミ箔を巻いて、

更にその上に別の靴下を重ね履きしてみてください。

輻射(ふくしゃ)熱でホカホカになり

冷えを緩和することができます。

 

②簡易防寒着の作り方

必要なものは、大きめのゴミ袋とハサミだけです。

寒さだけでなく、風や雨からも

体を守ることができます。

また、雨天時はリュックサックを雨から守る等、

色々なことに活用できます。

 

これら以外にも着ている衣類の中に

丸めた新聞紙を入れるなどでも

防寒対策になります。

今回の能登半島地震のように

地震はいつ何時訪れるか分かりません。

上記でご紹介させて頂きました道具を

防災用品と一緒にバッグに入れて置いたり、

車の中に用意しておくことをおすすめいたします。

避難所への収容人数も限りがございますので

場合によっては

車中泊を余儀なくされるケースもあります。

防災用品を車に用意しておくことで

いざというときに安心して頂けると思います。

 

また、最後になりましたが

被災されたご家族及び関係者の皆様へ

心からお見舞い申し上げます。

今現在も余震が続き

予断を許さない日々が続いていることと存じます。

皆様の安全と一日も早い復興を

心よりお祈り申し上げます。

 

令和6年1月8日 株式会社Martial ACE Holdings